2017年04月22日

カールビンソンと海自の共同訓練の目的は中国潜水艦?



以前から、北朝鮮情勢に鑑み、朝鮮半島近
海に進出中の米空母、カール・ビンソンと
海自の共同訓練を検討しているということ
が取りざたされていましたが

4月21日朝、海上自衛隊の「あしがら」
「さみだれ」が相次いで佐世保を出航しま
した。

海自護衛艦あしがら
あしがら

防衛省のコメントでは依然として
「共同訓練を行う事を検討している」
となっていますが


大方の見方としては25日の朝鮮人民軍創
設記念日に向けての牽制だというものがほ
とんどですが

しかし、米韓合同軍事演習が大規模に行わ
れているこの時期に日米が小規模な共同訓
練をすることにさほどの意味は考えられず

軍事的観点から考えれば、カール・ビンソ
ンが敵対国の水域に接近するに際して、訓
練の名を借りて、実質、護衛作戦が行われ
ると考えた方が自然だと思います。

米空母カール・ビンソン
米空母カール・ビンソン

そこで何のための護衛かと、考えてみると

対空攻撃からの護衛ということは考えにく


最強の空母+イージス艦が随伴している艦
隊に、旧式の北朝鮮軍戦闘機がトライする
ということは

戦争の引き金を引きかねませんし、能力的
にもまず不可能です。

とすれば、考えられるのは対潜水艦作戦し
かありません

海上自衛隊は、冷戦時代には世界最大のソ
連極東艦隊と対峙していましたし、現在も
潜水艦保有数では世界最大の中国と対峙し
ていて

対潜水艦作戦だけに限っていえば、米海軍
に匹敵する、あるいは部分的には米海軍を
超えているともいわれています。

注:潜水艦保有数上位国(小型艦を除く)
中国 :60隻
ロシア:57隻
米国 :57隻
北朝鮮:22隻
日本 :18隻
以下略(2012年のデータ)

ところが、北朝鮮の保有している潜水艦の
ほとんど全部はソ連が1950年代に設計
生産したロメオ級潜水艦を国産したもので

近年の状況から、北朝鮮の沿岸を遠く離れ
て作戦する能力はほとんど無く、

あるいは沿岸を離れて遠洋に出てくれば、
直ちに日米の対潜哨戒網に探知される可能
性が高いと思われます。

北朝鮮ロメをクラス潜水艦
北朝鮮ロメオクラス潜水艦


一方、中国の潜水艦20隻が北朝鮮海域に
集結しているのではないかという報道がな
されています。

2006年の話ですが、当時横須賀を母港
とする空母キティーホークに台湾沖で中国
のディーゼル潜水艦が8kmの地点まで探
知されずに接近し、浮上したという事件が
ありました。

米空母が東シナ海などに入った歳に、いき
なり中国の潜水艦が真横に浮上したりする
ことが起きれば、米国のメンツは丸つぶれ
です

習近平さんがトランプ大統領に電話をかけ


「この前はうちの潜水艦が失礼しました、
おたくの空母も気を付けられた方がよいか
と、はっはっはっ」

(いざとなれば我が国(中国)の潜水艦で
米空母なんてイチコロだぜ)

などとなめられてはたまりません

対潜能力に優れ、かつ、この海域の特性を
熟知している海上自衛隊の助けを借りて、
対潜警戒を万全を期す

ということが目的というか、すでに実戦モ
ードに入っているといっても過言ではない
でしょう。


関連記事

米国が今、中国に北朝鮮問題の解決をゆだねている本当の理由

4月中に米軍による北朝鮮先制攻撃は行われるのでしょうか



posted by 如月実 at 12:01 | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

4月中に米軍による北朝鮮先制攻撃は行われるのでしょうか



以前の記事で、米国が北朝鮮に先制攻撃を
行うのであれば、今月(4月)末までに行
う可能性が高いと分析しました。

米軍による北朝鮮空爆はいつ行われるのでしょうか


しかしその後の北朝鮮情勢を分析した結


当面の米軍による北朝鮮攻撃の可能性は
低いという結論に達しました。

その理由としては

前倒しで4月中にも設置されると言われて
いた韓国へのTHAAD配備が当面中断さ
れました。

THAAD配備は新韓国大統領の意志を考
慮するという事ですから、配備は早くても5
月中旬以降になります。

THAAD

また、昨今の報道から、現在北朝鮮周辺
に配備されている稼働中の米空母は1隻も
無く

話題になったカール・ビンソンは、依然、イ
ンドネシア周辺に存在するらしいことや

現時点でアジア方面に存在する米空母は
このカールビンソン1隻だけだということ

さらに、最近の米高官などの発言から、当
面は中国の影響力行使に問題の解決をゆ
だねているという点も見逃せません。

北朝鮮が突発的に過激な挑発行動を取る
ということも考えられますが

米軍が北朝鮮への軍事行動を起こした場
合、日本や韓国への報復攻撃を考えると、
現時点で、北朝鮮の報復攻撃を封じ込め
る態勢は整っていないことから

米軍が北朝鮮に積極的な軍事行動を取る
可能性は少ないと言えます。

米空母

米軍による北朝鮮攻撃の時期はいつ?

今後の中国の北朝鮮への説得などが功を奏
して北朝鮮が核開発をやめるという可能性
は0とは言えませんが

限りなく低いと考えられます。

また、これまでの所、中国も

「平和的解決が重要」
「あくまで米国と北朝鮮の問題」

など、北朝鮮問題に積極的に取り組む姿勢
はあまり見えません

習近平

ということは、米国は中国が解決できない
なら米国と同盟国で問題を解決すると言っ
ていますから、軍事的オプションを選択す
る可能性は低くないと言えます。

となるとその時期はいつになるのでしょう

米空母が展開するまでに3ヶ月程度必要

現在米空母のほとんどは米本土に所在しま
す。

湾岸戦争でイラク攻撃の時にも5隻の空母
が使われていますから北朝鮮を先制攻撃す
る場合には10隻いる米空母の内、少なく
とも過半数は使用すると思われます。

その場合、米国東海岸にいる空母を朝鮮半
島周辺に移動させるためには

最短でも1ヶ月以上

補給や護衛の艦船などの移動も考えると2
ヶ月程度はみておいた方が良いと思います。

米空母の展開状況

現時点で即時に準備開始したとしても移動
だけで6月末になります。

その間には韓国大統領選(5月9日)が行
われ、現在の所、反米親北派の文在寅(ム
ン・ジェイン)氏がわずかにリードしており

文氏が落選したとしても保守派の候補が当
選する可能性は低く

今後の米韓間の調整も問題になります。

また、現在米国は中国に北朝鮮問題の解決
をゆだねた状態になっており

1,2ヶ月で結果が出るというのも難しい
と思われますから

最短でも秋(9月)以降

あるいは来年の米韓合同軍事演習(3月)
まで待つかもしれません


韓国大統領選の結果次第では・・

ただし、韓国の新大統領が左派あるいは中
道派になる可能性が高く

米国の思うように軍事作戦が計画できるか
どうかは不透明なところがあります。

文在寅(ムン・ジェイン)
支持率トップの文在寅(ムン・ジェイン)氏


最悪、現在、一時延期状態にある戦時作戦
統制権の韓国への返還が実行され在韓米軍
の撤退が行われれば

その時はどうなるのか

韓国が軍事行動に強硬に反対すれば

韓国へ配備予定であったTHAADの日本
への配備など日本の弾道ミサイル防御を完
璧にした上で

北朝鮮の核、ミサイル施設、弾道ミサイル
基地のみピンポイント爆撃で破壊

などということが現実に可能なのかどうか
はわかりません

ただし、なし崩し的に北朝鮮の核開発が進
み、数十発の核弾頭が日本を標的にしてい
るノドンミサイルに搭載されるという事態
になれば

日本にとっての悪夢が始まることになりま
す。


関連記事

米国が今、中国に北朝鮮問題の解決をゆだねているいる本当の理由

北朝鮮攻撃が今行われるとすればどのように攻撃が行われるのか




posted by 如月実 at 12:43 | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国が今、中国に北朝鮮問題の解決をゆだねている本当の理由



最近の北朝鮮情勢を見ていると、どうやら
米国は中国を使って北朝鮮の核開発をやめ
させようとしているように見えます。

見えますというか、そのように行動してい
ます。

米国としては北朝鮮の崩壊を願っているわ
けではありませんから

(北朝鮮が中国との間の緩衝国として存続
することは米国にとっても好ましいため)

中国が影響力を使って、北朝鮮の核開発を
やめさせてくれれば、非常に都合が良いの
は間違いありません

米中両首脳

米国はもはや交渉によって北朝鮮の核開発
をやめさせることは諦めています。

ということは自ら軍事力を使って北朝鮮の
核開発態勢

・金正恩
・核開発施設
・弾道ミサイル開発施設

を攻撃、消滅させることで阻止するほかあ
りません

しかし、これらを攻撃すると、北朝鮮から
の全力反撃を受けることは必至ですから

核施設などを破壊する前に(あるいは同時
に)米国は北朝鮮の反撃兵器(砲兵陣地や
弾道ミサイル発射基地)などを壊滅させる
必要があり

全面的な戦争を覚悟する必要があります。

そうなれば、莫大な戦費

多数の自国兵員の死傷

日本や韓国への報復攻撃による民間人の死
傷や経済的混乱

など、多大なリスクを抱える上に

中国が北朝鮮側にたって、紛争に介入する
という可能性もあります。

習近平

ですから、中国が北朝鮮問題を解決してく
れるなら、全くのノーリスクで事が治まる
のですから米国にとってもっとも好ましい
解決策であることは間違いがありません


しかしこれまでの中国の行動や発言

実行力ある制裁に消極的であったり、
あくまで米国と北朝鮮の間の問題だとの主
張の繰り返し

平和的解決を強調するなど、北朝鮮問題を
本気で解決する意図や能力は必ずしも高く
無さそうです。

トランプ大統領

逆に米国は

全ての選択肢はテーブルの上にある。

中国がやらないなら我が国と同盟国で解決
する。

などと、軍事的オプションを選択すること
に躊躇は無さそうです。

それでも、今回米国が中国に北朝鮮問題の
解決に関して下駄を預けた理由を考えって
見ると


まずは、中国のメンツを潰さないようにし
た。

中国との調整無しに、いきなり北朝鮮に軍
事的な制裁を加えれば、中国のメンツが丸
つぶれになることや

また中国のテリトリーを米国が勝手に冒す
こととなり、中国との関係が決定的に悪く
なる可能性があり、この点を考慮してまず
は中国に解決をゆだねたということがある
と思います。

北朝鮮の弾道ミサイル

そして一定の期間、半年か1年か分かりま
せんが、中国が実行ある行動を取らなかっ
たり、中国が北朝鮮の核開発に影響力を与
える事が出来ないとハッキリした時点で

この時にはさすがに米国も大義名分が立ち
ますし

中国に対しても強い態度を取れることにな
ります。

「あなた(中国)が何も出来ないのだから、
今から米国が処理しますけど文句はないで
すね」

ということで、そうなれば中国もあまり強
く出ることは出来なくなります。

そういうアリバイ作りに、今回の中国に下
駄を預けるということが利用されているの
ではないでしょうか

ですから当面

THAADの韓国配備は中断

カール・ビンソンは北朝鮮近海には派遣し
ない

という行動になってきているのだと思いま
す。

米空母

今回の米軍の動き、特に10個ある米空母
部隊のうち稼働状態で朝鮮半島周辺(アジ
ア方面)に展開していたのは1つしか存在
しなかったことから考えると

米軍が本気で北朝鮮への先制攻撃は考えて
いなかった可能性が高いです。

今回中国に解決をゆだねたことで、その間
に本格的な侵攻のための準備を行う計画な
のかもしれません


関連記事

なぜ中国はこれまで北朝鮮に核開発を止めさせようとしなかったのか

北朝鮮情勢が緊迫する今、米空母はどこにいるのでしょう







posted by 如月実 at 11:41 | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中川俊直経産政務官が女性問題で辞任



政府の閣僚の度重なる問題発言や不祥事
でもめている最中

中川俊直経産政務官が女性問題で辞任し
ました。

週刊新潮

明日発売の週刊新潮に中川氏の女性スキ
ャンダルが報じられることから、これに先
立って辞任したとみられます。

報道されてもめる前から、あっさり辞任し
たと言うことは、よほど言い訳の聞かない、
とんでもないスキャンダルであることがう
かがえます。


昨日、週刊新潮がツイッターで

「また不倫ネタかと思われるかもしれませ
んが、重婚ウエディングまでした愛人とも
め、現職議員が警察にストーカー登録され
ているという前代未聞の出来事」

とツイートしています。


中川俊直議員は

広島4区、当選2回
家族は妻と3人の子供
父は内閣官房長官を務めた大物政治家中川
秀直氏


中川俊直議員の略歴など

高校時代に妻、悦子さんと出会う
1年後輩のクラブマネージャーだった
1993 テレビ東京に入社
1995 妻、悦子さんと結婚

社会人時代に今回報じられた女性と出会う

2000 父の秀直氏の女性問題が発覚し
内閣官房長官を辞任

2001 テレビ東京退社
2012 衆議院選挙で初当選
2016 8月経産政務官に就任
2016 年末に妻、悦子さんに不倫を謝


今年3月に前川恵議員との不倫報道

昨日経産政務官を辞任


親子2代にわたって女性問題で重要な役職
を辞任

将来が嘱望されていただけに、女性に対す
る考え方というか、行動に歯止めがきかな
かった点で

一族の家系にそういう遺伝子的なものがあ
るのか

戦国時代などであればいざ知らず、現代に
おいて、このような気質を持っているとい
うことは致命的な事なのかもしれませんね




タグ:女性問題
posted by 如月実 at 09:57 | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月17日)



北朝鮮情勢本日のまとめと解説(4月17
日)


本日も引き続き北朝鮮情勢に大きな変化
はありませんでした。

主な関連事項としては

現在ペンス米国副大統領が韓国訪問中
で、明日には日本を訪問予定

今回の訪問は以前から計画されていたも
ので、北朝鮮情勢に関する調整も当然含
まれていると考えられますが

これまでの米国の対応状況からすると、北
朝鮮先制攻撃の事前調調整などという可
能性は低そうです。

ペンス副大統領は日本訪問後はインドネシ
ア、オーストラリアを訪問予定(25日ま
で)

THAAD

THAAD配備時期が遅れる模様

米ホワイトハウス当局者は16日にペンス
副大統領の外国訪問に先立ち

THAAD(高高度防衛ミサイル)配備に
ついて、韓国大統領選が終わるまで流動的
であるとし、配備の先送りを示唆する発言
を行った。

当初は、配備の前倒しで4月中に運用開始
との情報も流れていたが

配備が先送りされたことは、中国が北朝鮮
に対する圧力をかけることに期待して、中
国に配慮したとの見方もある。


カールビンソン

カールビンソン到着が遅れる?

カールビンソンはシンガポールからオース
トラリアに向かう途中、急遽北朝鮮問題に
関連して朝鮮半島方向に向かうこととなり

15日頃には到着との報道もあったが、1
7日現在周辺海域に到着したとの情報は無


一部、台湾海峡すら通過していないのでは
ないかとの情報も流れている。

事実とすれば、空母を朝鮮半島に接近させ
ないことで、中国が圧力をかけることに期
待して、配慮を行っている可能性もある。


まとめ

極東で稼働状態にある米空母はカール・ビ
ンソン1隻であり

(ロナルド・レーガンは横須賀で5月迄定
期整備中)

中東方面にジョージ・H・W・ブッシュ
(CVN−77)が展開しているだけで

他の7空母はいずれも米国本国周辺に所
在すると推定されることから

米国が現時点で北朝鮮を攻撃する可能性
は低いと見積もられる。

逆に北朝鮮が過激な行動を取った場合
は、米国は対応に苦慮することになる。

中途半端な武力攻撃は、北朝鮮からの日
本、韓国への報復攻撃につながりかねず、
米国が有効な対策を行えるかは疑問があ
る。

当面は中国による北朝鮮への影響力行使
により、核開発を中断することを期待して
いるのではないかと思われます。

注;これまでの北朝鮮の行動から核開発を
完全に断念することは考えづらい


関連記事

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月15日)

北朝鮮情勢が緊迫する今、米空母はどこにいるのでしょう




posted by 如月実 at 16:42 | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月15日)



本日は金日成生誕105周年記念日でした
が、ピョンヤン(平壌)で大々的に祝賀記
念行事が行われたほか大きな動きはあり
ませんでした。

金日成生誕105周年記念パレードを簡閲する金正恩


注:韓国の報道によれば新型のICBMが
パレードに参加したということです。

新型ICBM
新型ICBM?


また、米国が情報欺瞞を行っているのでな
い限り朝鮮海域に存在する米空母はカー
ル・ビンソン(CVN-70)1隻だけで

その他の9隻の米空母はほぼ定位置から
動いている気配はありません。

ロナルド・レーガン(CVN-76)は5
月迄横須賀のドックで定期整備中

作業を前倒しに行い4月中に終了するとい
う情報あり

アメリカ西海岸にいるニミッツ(CVN−
68)が朝鮮半島に向かうのではないかと
の情報有り(現在動静不明)


4月14日現在の米空母の分析サイトの情
報(信頼性は不明)
米空母の所在

カールビンソンが北朝鮮に近づいているほ
かは先週と特に変化なし


ということからすると、米国が当面北朝鮮
に対して先制攻撃する可能性は低くなって
いると考えられます。

注:イラク戦争の時は中東に米空母を5隻
派遣、北朝鮮情勢ではその時に匹敵する
以上の戦力が必要ではないかと推測され
ます。

米中首脳会談における両首脳

あるいは米中首脳による密約が成立して
いるのか?

例えば中国による金正恩態勢の破壊
親中派によるクーデター、亡命、中国によ
る斬首作戦など

または実効性ある経済制裁

4月14日には中国国際航空が北京−平
壌便を17日から停止すると発表

石油の輸出停止などを今後実施するのか
もしれない

ただし、微妙に中国の動きが北朝鮮に対し
て厳しくはなってきているとはいうものの

まだまだ実効性に乏しく何とも言えません


となると気になるのが5月9日に行われる
韓国大統領選

文在寅(ムン・ジェイン)
文在寅(ムン・ジェイン)

これまで反米親北派の文在寅(ムン・ジェ
イン)氏が圧倒的に優勢と伝えられてきま
したが

さすがに、今月中にも北朝鮮との戦争が
始まるかもしれないという状況になってき


中道派の安哲秀(アン・チョルス)氏が
巻き返してきており、支持率が拮抗してき
ています。

文在寅(ムン・ジェイン)氏はかって盧武
鉉大統領の側近として力を発揮し

当時、戦時統制権を米軍から2012年に
韓国軍に返還することが決定し在韓米軍の
撤退が計画されました(その後の政権がこ
の話を撤回して現在に至る)

この文在寅(ムン・ジェイン)氏が大統領
になれば、5月以降半島情勢は再び予測不
能の事態に陥ることが予想されます。

朝鮮半島

現状では米軍が北朝鮮を攻撃する可能性が
低下しており

中国の動きも不透明

5月には反米親北派の大統領が誕生する可
能性がある。
(中道派の安氏にしても前朴大統領に比べ
れば北朝鮮寄りの政権運用が予想される)


半島での北朝鮮核開発問題が長引けば
北朝鮮の核開発が推進され

ノドンなどの日本を射程圏内に納めた弾道
ミサイルへの搭載、実戦配備も進展するこ
とになりますから

我々としては、極めて深刻な事態に向かっ
ているのかもしれません


関連記事

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月14日)

北朝鮮情勢が緊迫する今、米空母はどこにいるのでしょう

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月17日)




posted by 如月実 at 21:33 | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ北朝鮮のSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)が脅威なのか



なぜ北朝鮮のSLBM(潜水艦発射弾道ミ
サイル)が脅威なのかと言われると

多くの人は、そりゃあ潜水艦はどこにいる
のか分からないしいきなり新潟沖からミサ
イルをを撃たれるかもしれないし

千葉の銚子沖から撃たれたら対応が困難じ
ゃない

などと考えている人もいるかも知れません

しかし現実的に考えると、そのようなこと
はまず考えられません

日本周辺地図

というのは北朝鮮の保有している潜水艦は
大部分が小型の潜水艇で、沿岸を遠く離れ
て航行することは出来ません
(小型の潜水艇にSLBMを搭載すること
自体できません)

洋上遠くまで進出できるような(SLBM)
を搭載出来るような大型の潜水艦で北朝鮮
が保有しているのは

ロメオ級と呼ばれる、かってのソ連が19
60年頃から1980年頃まで運用してい
た旧式の潜水艦を国産化したもので、

約22隻保有していると見積もられていま
す。

北朝鮮ロメオ級潜水艦
北朝鮮のロメオ級

ただしこのうち何隻が稼働状態で動けるの
か不明ですし、SLBM搭載可能なように
改修された潜水艦が何隻いるか分かりませ


ところが日本近海はかってのソ連、現在の
中国(いずれも数としては世界最大の潜水
艦隊を保有)に対抗するために

日米が、世界でも最も厳重な対潜哨戒網を
張り巡らしている地域で有り

50年も前に運用されていた潜水艦を北朝
鮮がコピーして作った潜水艦が

日米の哨戒網をかいくぐって日本海南部
(日本近海)や東シナ海、ましてや太平洋
まで出てくることはまず不可能です。

爆撃による爆発

では北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(S
LBM)が脅威にならないかといえばそう
でもありません

米軍の北朝鮮空爆が始まれば、北朝鮮の反
撃に備えてノドンなどの弾道ミサイル基地
が攻撃され、多くは破壊されたり

あるいは、発射のために山中のトンネルか
ら引っ張り出されたところを米軍の偵察機
(無人機を含む)に発見され、空爆を受け
ることもあるでしょう

所が、北朝鮮沿岸の水中に潜んでいる潜水
艦を爆撃機などで攻撃することは出来ませ


米海軍P-8哨戒機
P-8哨戒機

北朝鮮の潜水艦を攻撃しようとすれば、ま
ずは、米軍のP−8などの哨戒機が潜水艦
を捜索探知して、魚雷などで攻撃を行う必
要があります。

ですが、さすがにP−8などの非武装の航
空機が、北朝鮮沿岸近くでのんびり対潜水
艦捜索ができるとは思われません

北朝鮮軍の戦闘機や、対空ミサイル、ある
いは艦艇からの攻撃を想定すると、よほど
制空権などを確保している地域でなければ
航空機による潜水艦狩りは困難です。


となると後は発射されたSLBMをイージ
ス艦やPAC−3などで迎撃するしかあり
ません

ただし北朝鮮が潜水艦からSLBMを盛ん
に発射してくるということになれば

日米の潜水艦が密かに北朝鮮沿岸に接近し
て、北朝鮮の潜水艦を捜索、攻撃というこ
とになるのかもしれません


関連記事

北朝鮮が日本を攻撃するとしたらノドンミサイルが主な攻撃手段に

北朝鮮情勢が緊迫する今、海自が米空母と共同訓練する意味は?




posted by 如月実 at 12:03 | TrackBack(0) | 防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月14日)



今日は、北朝鮮の金日成生誕記念日の前日
という事でしたがさしたる大きな動きもな
く1日が過ぎました。
(まだ24時は過ぎていませんが(^^;))

米中首脳会談の両首脳

多少の動きとして

中国が米国に歩み寄りの姿勢を見せている
ことです。

4月12日に国連安保理で行われた

「シリアで前週起きた化学兵器による攻撃
を非難し、アサド政権にこの件で調査に協
力するよう求める決議案」に関して

中国がさすがに賛成はしなかったものの、
投票に棄権して、米国への配慮を見せたこ


トランプ大統領

同日、米中の電話会談が行われ

その後のトランプ大統領の発言としては

4月13日
「中国が北朝鮮に適切に対処することに大
変自信がある。もし中国が出来ないならア
メリカは同盟国とやる」

4月14日(今日)
「中国は北朝鮮問題によく取り組んでいる。
好意と尊敬の念を持っている。習近平は素
晴らしい人物だ」

と、以前に比べると中国への好意的な発言
が目立つようになってきています。

習近平主席

この理由が

米国の北朝鮮攻撃を容認、または支援する
ことを意味しているのか(密約)

あるいは、中国が北朝鮮への圧力を目に見
える形で強化していくことがハッキリして
きたのか

現時点では明確ではありませんが

米中の間の何らかの約束事が水面下で進ん
でいることをうかがわせるものです。


あすは金日成生誕105周年の記念日

何らかの大きな動きがあるかもしれません


関連記事

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月13日)

北朝鮮情勢が緊迫する今、米空母はどこにいるのでしょう

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月15日)

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月17日)



posted by 如月実 at 20:20 | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮情勢が緊迫する今、米空母はどこにいるのでしょう



北朝鮮情勢が緊迫している今、米空母は今
どこにいるのでしょう

って、そんなの極秘事項で分かるはずない


取り敢えず、カール・ビンソンが15日頃
到着予定で朝鮮近海に向けて航行中なんで
しょ

という声が聞こえてきそうですが、昨日の
最新情勢の分析でもお伝えしましたが

横須賀母港のロナルド・レーガンは現在整
備中で、横須賀のドックにいるということ
が判明

米空母

ということは、米空母は1隻だけというこ
とになってしまいます。

ニミッツがアメリカ西海岸から急行中とい
う情報もありますが、それでも米空母は2


空母1隻はヨーロッパの中堅国の1国の空
軍に匹敵するとはいえ

湾岸戦争の時には5隻の空母が参加してい
ます。

北朝鮮を攻撃したときに予測される、日韓
に対する報復攻撃を封じ込めるためには、
湾岸戦争の時よりさらに連続した厳重な空
爆が必要なはずなのですが

米空母がたった2隻というのも腑に落ちま
せん

もしかして、他の所からこっそりと別の空
母も朝鮮近海に近づいているのでしょうか

全世界の米空母の所在

米空母の所在を分析しているサイトのデー
タを見てみると

現在太平洋方面に存在している米空母は5
隻(4月7日現在)

太平洋方面に存在する米空母

米本土に存在する米空母

CVN−68(ニミッツ):米西海岸
(朝鮮に向かっているという情報あり)

CVN−71(セオドア・ルーズベルト)
:母港のサンディエゴ

CVN−74(ジョン・C・ステニス)
:母港のブレマートン

CVN−76(ロナルド・レーガン)
:母港の横須賀で整備中

CVN−70(カール・ビンソン)
(朝鮮に向けて航行中、15日到着予定)


ということで、北朝鮮に対する作戦に参加
出来そうなのは

ルーズベルト(CVN−71)とステニス
(CVN−74)を含めても合計4隻

上記2隻は母港にいるため整備中の可能性
もあります。


その他の空母については

4隻はアメリカ東海岸にいるため朝鮮半島
近海に到達するためには

巡航で1ヶ月半

全速力でも3週間はかかるため、

4月8日に出港していたとしても、常識的
には到着は5月中旬以降ということになり
ます。

全世界に展開している米空母

CVN−77(ジョージ・H・W・ブッシュ)
は、中東でISとの戦闘に従事していると
みられ、先般のシリア攻撃でロシアとの関
係もぎくしゃくしている現在、中東を離れ
る可能性は低いと考えられます。

また、複数の米空母機動部隊がいきなりま
とまってアメリカ東海岸を出航すればロシ
アの偵察衛星などに動きを捕まれるでしょ
うから

これらの米空母機動部隊が、近々の北朝鮮
情勢(攻撃)に参加することは考えにくい
です。

となると、今回の北朝鮮危機に4月中に参
加出来る米空母は最大4隻

おそらくは2隻ないし3隻ということにな
ります。

それじゃあ、当面の米国による北朝鮮攻撃
は無いのかという気はしますが

あるいは、今回は空母の力よりも、別の方
法?をメインにして戦闘するつもりなのか
もしれません

となると、アフガンで米軍が使った大規模
爆風爆弾(GBU−43B)や、斬首作戦
などがメインになるのでしょうか

大規模爆風爆弾(GBU−43B)
大規模爆風爆弾の爆発

まとめ

米空母の動きからすると当面の北朝鮮攻撃
は可能性が少ないと考えられます。

ただし、開戦初日、世界が知らない間に実
は米空母が北朝鮮沖に集結していた

まるで映画のようなシーン

うーん・・これは無いかな・・

あるいは空母2隻でも充分な北朝鮮に対す
る攻撃を行う何らかの方策や新戦術を考え
ているのかもしれません


関連記事

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月13日)

米軍がアフガンで「大規模爆風爆弾」を使用したのは北朝鮮空爆の実験か

なぜ北朝鮮のSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)が脅威なのか

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月17日)




posted by 如月実 at 19:19 | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮情勢が緊迫する今、海自が米空母と共同訓練する意味は?



間もなく朝鮮半島付近に米空母カール・ビ
ンソンが到着しますが

海上自衛隊との共同訓練が検討されていま
す。

なぜ北朝鮮情勢が緊迫する今、あえて合同
訓練をする必要があるのでしょう


海上自衛隊は、米海軍とは長年継続して頻
繁に共同訓練を行っています

また今年の3月7日〜10日、そして27
〜29日にも海自の護衛艦とカール・ビン
ソンは共同訓練を行っています。

カールビンソン

ということから、当然、技量向上や連携強
化のための訓練でないということは明白で
す。

大方の見方というか、見解は

「日米の連携を示し、北朝鮮を牽制する」
目的だということです。

多少はこのような目的は含まれるでしょう
が、何もこのような時期にそのようなこと
をする必要性は低く

本当の目的は

カール・ビンソンの護衛

つまり、北朝鮮から、いつ攻撃を受けても
おかしくない実戦状態にある米空母を、海
上自衛隊の艦船、航空機で護衛するという
ことが目的である可能性が高いです。

これまでも、緊迫した自体において、横須
賀から米空母が出航する際に訓練という名
目で、実質、護衛作戦が行われたことがあ
ります。

当然今回も訓練という名目で、実質的には
米空母の護衛が行われるのでしょう。


また、北朝鮮有事の際に日本に弾道ミサイ
ルが飛来し、防衛出動ということになれば

実際に米空母と共同して作戦を行う事態も
発生するのでしょうから、最終的な具体的
な作戦要領を

調整し、訓練するという意味合いもあるの
かもしれません


関連記事

米軍がアフガンで「大規模爆風爆弾」を使用したのは北朝鮮空爆の実験か

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月13日)

なぜ北朝鮮のSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)が脅威なのか

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月17日)




posted by 如月実 at 11:08 | TrackBack(0) | 防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする