2013年07月06日

2013参議院選挙も保守圧勝で3年間は安倍首相による盤石の政権運営か



まもなく夏の参議院選挙が始まります。

立候補者の顔ぶれが出そろった今、過去の基礎票、東京都議選の結果などを元に、
色々選挙予想がされています。

なんだかんだ言って、結局、大どんでん返しは起きそうにありません。

そこで各種の予想をとりまとめ、私が大胆に?

というか各種の予想を丸めた数字を、私なりに解釈して各党の獲得議席数を
割り出してみると、次のようになります。

2013参議院選挙後の各党の議席予想

2013参院選議席予想
無所属等除く

何を持って予想が当たった外れたかをいうのか分かりませんが

いずれにしろ、大勢に影響のない範囲で、こんな感じになるのでしょう。

自民、公明で安定過半数

維新、みんなを入れれば、約3分の2が保守勢力と言えます。

ということで安倍首相は、余程の失政が無い限り、次の選挙まで安定した政権運営が
できるということになります。

ちなみに、次の選挙は

3年後の参議院選
2016年7月です。

衆議院議員の任期は2016年12月までですから

参議院選挙と同日という可能性もあります。

ただし、2016年の参議院選挙では自民、公明両党で40議席台を確保できれば、
今回の当選者=非改選の議員と併せて、過半数を確保することになります。

今回の参議院選挙では共産党の躍進が見積もられていますが、

民主党が崩壊状態にある今、左翼系統の受け皿として機能しているのでしょう。

今後、民主党が再生できるのかどうか、これまでの民主党の動きや、今回の選挙で
壊滅的打撃を受けることが確実になった今、民主党の再生はかなり厳しいと言えます。

ところが、非自民勢力としては

「維新」が一時期期待されたものの、その勢いを失ってしまっています。

太陽の党とくっついてしまったのが致命的だったかもしれません。

今となっては「みんな」との連携も厳しくなってしまいました。

その結果当面は自民1極での政権運営となります。

さて、崩壊寸前の日本

財政再建や、少子高齢化、尖閣問題、様々な困難な問題が日本の前に
横たわっています。

そういう時期に、怒濤のように前に前進できるよう、天が安倍首相に力を
与えたのかもしれません。

お金を数えている男性

しかし、自民一極となれば、またぞろ、族議員や、利権に結びついた輩が
うごめき出すのは目に見えています。

その時に、かっての社会党のように、ただ反対する政党ではなく、
未来を見越して、建設的な政策を提言する野党の出現が期待されます。

おそらく2016年までは今の安倍政権が続くことになると思われますが、

2016年を目指して、自民党に対抗できる新たな野党勢力が結集できるのか、

みんな、維新、そして民主党の中でも健全な考えを持っている若手議員などの
今後の離合集散が注目されます。

最近の記事

平成25年度防衛白書では、大胆に中国の尖閣進出を批判

ケネディー元大統領のただ一人残された長女が次期駐日大使へ

NISA(少額投資非課税制度)をめぐるトラブルに注意

菅元首相、原発事故の刑事告発で東京地検の任意事情聴取を拒否




posted by 如月実 at 15:40 | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368463738

この記事へのトラックバック