2013年07月13日

平山郁夫さんの妻が遺産を申告しなかった理由は



事件のあらまし

2009年12月、脳梗塞のため79歳で死去した、シルクロード画家として
有名な平山郁夫氏の妻、美知子氏(87)が、遺産のうち、現金約2億円を
意図的に申告しなかったとして、東京国税局から追徴課税されていたことが
報道されています。(2013年7月13日)

79歳で亡くなった平山郁夫さんの遺産は、絵画などを中心に10億円以上と
みられましたが、絵画のほとんどは美術館を運営する鎌倉市の公益財団法人に
寄付され、非課税となっていました。

ところが、去年行われた平山さんの妻への税務調査で、平山さんが亡くなった後に
自宅のタンスの中から現金、約2億円を見つけたものの意図的に申告していなかった
ということです。

さらに、平山さんの作品の著作権についても評価額を過小に申告していたとして、
およそ1億円の申告漏れを指摘され、東京国税局から重加算税を含め、合計
1億5000万円を追徴課税され、すでに修正申告し、納付を済ませたとのことです。

なお、評価額が過少だったとして約1億円の申告漏れを指摘された、平山氏の作品の
著作権については、美知子氏側はこの処分を不服として国税不服審判所に審査請求
したとみられています。

各社の取材に対して平山美知子氏は、文書で「体調不良で回答できない」と
コメントしているとのことです。


平山郁夫美術館 / kennejima


平山氏の遺産について

絵画など約9億円相当の美術品や、アトリエなどに使われていた約2億3000万円
相当の土地・建物など計約11億4000万円分は、平山美智子氏が代表理事を務める
公益財団法人「平山郁夫シルクロード美術館」(神奈川県鎌倉市)に寄付され、
非課税となっています。

美知子氏の画像
公益財団法人「平山郁夫シルクロード美術館」

また、美知子氏は、鎌倉市の自宅を長男と2分の1ずつ相続したなどとして、
翌10年に税務申告したといいます。

ところが、12年に行われた税務調査で、平山氏の死後、自宅の洋服ダンスにあった
紙袋の中から現金が見つかっていたのに、美知子氏がその2億円を申告から除いていた
ことが発覚したといいます。そして現金は平山氏が生前、絵画などを売却した際に得た
収入だったとみられています。


平山郁夫さんと美知子さん

美知子さんは、平山郁夫さんの芸大の同級生で、卒業時には美知子さんが1番で郁夫さんが
2番だったと郁夫さんがどこかで書いていました。

そして結婚後は、美知子さんは筆を折り先生になって家計を助けたと言います。

美知子さんはどちらかというとガッチリ型の体躯と眉の太さと目の大きさと丸顔がかなり
インパクトある迫力ある人だったそうです。

平山 美知子さんのプロフィールは1925年、東京生まれで、
1952年、東京美術学校(現東京藝術大学)日本画科を首席で卒業。

平山郁夫さんとともに、新制東京藝術大学美術学部の副手となる。

1953年、第38回日本美術院展に「群像」が初入選、同時に初奨励 賞・白寿賞を受賞など
錚々たる経歴をお持ちです。


平山郁夫美術館 / kennejima



遺産を申告しなかった理由?

平山郁夫さんの持っていた絵画などを、自分が理事を務める財団法人行き付する行為を、
正当な節税ととるか、えげつないと見るか

まあ、事情を知らない私からは何とも言えませんが

タンスの中から見つかった2億円

多分、びっくりしたんでしょうねえ

善意にとれば、そんなお金、やはり申告できませんよねえ。

これも憶測ですが、平山郁夫さん、その収入は申告してなかったんじゃないでしょうか?

だからタンスの中なんかに入れておいたのでしょう。

今さら旦那の悪事?をばらすようなことできないですよね。

とっさに隠してしまった。

そんなところでは無いかなと思います。

平山美智子さんは面識がないので、何とも言えません。

平山郁夫さんは一度、講話をお聞きしたことがありますが、とてもステキな方だったと
記憶しております。

つまらないことで、結果的に晩節を汚す?ことになってしまったようで残念です。


関連記事

世界遺産の富士山、入山料の徴収開始で、景観は守れるか

84歳のおばあさん、オレオレにだまされたふりして逮捕に協力




posted by 如月実 at 14:38 | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック