2013年09月05日

式年遷宮間近の伊勢神宮、新社殿が報道陣に公開



伊勢神宮で、20年に一度、社殿を造り替え移転する式年遷宮の
最終行事が来月行われるのを前に9月4日、新しい社殿が報道陣に
公開されました。

伊勢神宮の「式年遷宮」では、神様が祭られている二つの宮、内宮と
外宮の社殿など65棟の建物が建て替えられるほか、装束や宝物
1600点が新調される20年に一度の大々的な行事です。

内宮の正殿は「唯一神明造」と呼ばれる日本最古の建築様式によって
造られ、長野県と岐阜県にまたがる山林で切り出された巨大なひのきを
使用しています。

式年遷宮が行われる伊勢神宮

今回は社殿の垣根などに、約700年ぶりに地元・伊勢市内の森で
調達された木材も使われました。

ご神体を新しい社殿に移す儀式「遷御の儀」は、内宮は10月2日、
外宮は10月5日に、それぞれ執り行われる予定です。

関連記事

伊勢神宮で「お白石持行事」始まる

最近の記事

リニア中央新幹線、実験線の距離を延長して走行試験再開

海自の歌姫、三宅由佳莉さんデビューでいきなりオリコン部門トップ獲得


posted by 如月実 at 13:32 | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373983424

この記事へのトラックバック