2013年09月07日

オリンピックの開催都市決定へ最後のプレゼンも予断を許さず



2020年のオリンピックとパラリンピックの招致に向けて、東京、
マドリード、イスタンブールの3つの都市による最後のプレゼンテーションが、

日本時間の9月7日夜、IOC=国際オリンピック委員会の総会で行われます。

開催都市は8日早朝に決まりますが、招致レースは最終盤に入って予断を
許さない状況になっています。

オリンピックハイライト

アルゼンチンで開かれるIOC総会は、日本時間の7日、21時前から始まり、
トルコのイスタンブール、東京、スペインのマドリードの順番で3都市が
それぞれ45分ずつ、プレゼンテーションを行います。

東京は、東京電力福島第一原子力発電所の汚染された水が漏れ出ている
問題について、プレゼンテーションでどのように委員の不安を
払拭できるかがポイントになりそうです。

かって、事故発生当時、日本人が感じている以上に世界各国の人が、
放射能汚染を恐れ、観光客が激減したことを考えれば、相当、具体的な
対策を示さなければ、かなり厳しい状況に追い込まれる可能性もあります。

日本人は得てして情緒的な説明をしがちですが、ただ安全、安全といっても、
説得力はありません。

「いついつまでに、防壁を完成し、そのためには日本国自身が責任を持って
これを遂行し、いくらの予算を使う予定だ」くらいの具体的な方策を示さないと、
IOCの委員を納得させることはできないと思われます。

事故後の福島第1原発

2024年のオリンピックにフランスのパリが立候補する予定で、丁度、
前回の開催から100周年ということで、是が非でも開催する事を目論んでいます。

そこで、同じヨーロッパのマドリードで2020年に開催されるのは
阻止したいという思惑があり、

マドリードは経済不安もあって不利と考えられていましたが、ここへ来て
大きく挽回してきているようです。

あるいは、マドリードで開催したくない、かといって東京の放射能汚染も
気になるということで、今は3番手と考えられているイスタンブールが勝つ
というどんでん返しも考えられます。

日本時間の9月8日、午前5時に開催都市が発表されるますが、
楽しみと不安が交錯する一日となりそうです。


最近の記事

2020年オリンピック開催地は東京に決定

4−6月GDPが上方修正、オリンピック東京開催も受け東京市場大幅高

海自の歌姫、三宅由佳莉さんデビューでいきなりオリコン部門トップ獲得

9月1日から改正動物愛護法が施行 身勝手なペットの飼育放棄は禁止

シリアへの軍事行動承認の決議案、上院本会議に送付も下院では否決か?



posted by 如月実 at 11:22 | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374156458

この記事へのトラックバック