2013年09月09日

4−6月GDPが上方修正、オリンピック東京開催も受け東京市場大幅高



来年4月からの消費税率の引き上げの判断材料として注目されている、
今年4月から6月までのGDP=国内総生産の改定値が、年率換算で
+3.8%となり、速報段階から1.2ポイント上方修正されました。

内閣府が9月9日に発表した、今年4月から6月までのGDP=国内総生産の
改定値は、物価の変動分を除いた実質の成長率が、前の3か月と比べて
+0.9%となり、3期連続のプラスとなりました。

日本経済を動かすお金

この数値を年率に換算すると+3.8%となり、先月発表された速報値の
+2.6%から、1.2ポイント上方修正されました。

これは、最新の統計データを反映したものです。

速報段階では−0.1%だった「企業の設備投資」が+1.3%に
上方修正されたことなどによるものです。

その他の主な項目では
「個人消費」は+0.7%
「輸出」は+3.0%などとなりました。

今回のGDPの改定値が、来年4月の消費税率の引き上げを予定通り
実施するかどうかの判断材料の大きなポイントであり、結果が注目
されていました。

本日9月9日の東京株式市場では、2020年の東京オリンピック開催が
決まったことに加え、このGDP成長率の上方修正を好感し、朝から
大幅高で始まっています。


関連記事

2020年オリンピック開催地は東京に決定

posted by 如月実 at 10:13 | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374318980

この記事へのトラックバック