2013年09月11日

新型iPhone発表、廉価版も発売し、NTTドコモも取り扱い開始へ



アップルは、9月10日、カリフォルニア州の本社で、世界的なヒット商品
となったスマートフォン、iPhoneの新型機種を発表しました。

今回の発表では、高機能のモデルと価格を抑えた廉価版の2種類の
新型iPhoneが披露されました。

新しく発売されたiPhone

新型iPhoneの高機能モデルは、情報の処理速度をこれまでの2倍以上にし、

今までより高速でのデータ通信ができるようになったほか、指紋認証の機能を
取り入れてセキュリティーを高めています。

最も安いモデルの価格はアメリカでは199ドル、日本円換算で約2万円で
発売されますが、日本での販売価格は日本の各携帯電話会社が発表する
ということです。

初めて発売されることになる廉価版のiPhoneは、本体の外側の素材に
プラスチックを採用することなどで価格を高機能モデルの約半額に抑えており、

カラーはは青やピンクなど、5色をそろえています。

アップルは、この高機能モデルと、廉価版の2種類の新型iPhoneを
アメリカや日本、中国など9つの国で9月20日から発売する予定だと
発表しました。

新型iPhoneの指紋認証の画面

また、今回の新型iPhoneの発売に当たっては、日本の最大手、
NTTドコモが取り扱いを始めると発表しました。

今回、ようやくNTTドコモが新型iPhoneを取り扱うことに
なったことについて

世界のスマートフォン市場では、グーグルの基本ソフト「アンドロイド」を
採用した端末がシェアを伸ばしており、携帯端末全体の80%近くを
占めているのに対して、アップルのシェアは13%まで低下しています。

このような状況のなか、アップルは新型モデルの発売に加えて、
6000万件以上の契約を持つNTTドコモと組み、日本での利用者を
増加させたいという考えです。

NTTドコモとしても、これまで過酷な販売条件を突きつけるアップルの
iPhoneを取り扱うことに慎重な姿勢を見せていましたが

人気のiPhoneを持たないために、顧客をAUやソフトバンクに奪われ、
顧客が伸び悩んでいるというジレンマもありました。

こうした、2社の思惑が合致して、今回のNTTドコモからのiPhone販売
ということになったようです。

新型iPhoneカラーバリエーション

また、今回、アップルとしては始めて廉価版を投入することで、成長が
見込まれる中国などの新興国で、これまで高価格のスマートフォンに
手が届かなかった消費者、あるいは学生などの若年者を取り込み、

iPhoneの浸透を図りたいというねらいがあるのでしょう。


最近の記事

4−6月GDPが上方修正、オリンピック東京開催も受け東京市場大幅高

レスリングがオリンピックの除外競技から勝ち残った理由

新型iPhone 本日発売、試練が続く日本メーカーは生き残れるのか

過食の原因になる脳神経発見、ダイエットに応用可能になるのか



posted by 如月実 at 10:38 | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック