2013年09月17日

京大椛島健治准教授の研究グループらがアトピー症状改善の化合物発見



京都大学大学院医学研究科の椛島健治准教授の研究グループは
アトピー性皮膚炎の原因の1つとして、皮膚の防護機能の維持を担う

タンパク質「フィラグリン」が多くの患者で少なくなっていることに注目

1000種類を超える化合物を調べ、「JTC801」という有機化合物が、
フィラグリンを増やす性質を持つことを明らかにしました。

アトピーがない赤ちゃん

この化合物をアトピー性皮膚炎の症状があるマウスに飲ませる実験で、
1か月半で症状が大幅に改善しました。

アトピー性皮膚炎は日本国内に患者が約40万人いるとみられていますが、

現在、このアトピーの治療には、炎症を抑えるなどの対症療法しかなく、
研究グループは今後、この物質を使って、アステラス製薬などと共同で
根本的な治療薬の開発を進めることにしています。

椛島准教授は「保湿効果があるフィラグリンを増やす物質を見つけることは、
世界中で競争になっていた。成果を基に薬の開発につなげたい」と話しています。

マウス

「JTC801」という有機化合物は、外部から体を保護する皮膚表面の
バリアー機能を高めることでアトピー性皮膚炎をやわらげる機能を持っており

JTC801を培養したヒトの皮膚細胞に加えると、皮膚表面で作られ
バリアー機能を支えるたんぱく質「フィラグリン」の量が約10倍に
増えたとのことです。

また、遺伝的にアトピー性皮膚炎になる特殊な家系のマウスに、

アトピーを発病する生後6週間ごろから、この化合物を体重1キロあたり
30ミリグラムずつ毎日飲ませたところ、

4週間で皮膚の症状が明らかによくなったとのことです。

ステロイド剤などと違い、アレルギー反応などの副作用の少ない新しい
治療薬の開発につながると期待されており、

10年後をめどに治療薬として実用化を目指しています。


最近の記事

新型iPhone、廉価版でも中国では高嶺の花?

米ロ外相会談で合意、シリアの化学兵器使用問題も一端収束か

財宝温泉水なら赤ちゃんのミルクにも大丈夫

過食の原因になる脳神経発見、ダイエットに応用可能になるのか




posted by 如月実 at 14:46 | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック