2013年09月21日

イスラエル首相、オバマ大統領と会談へ、イランの核施設攻撃を協議か



イスラエルのネタニヤフ首相は、9月30日にアメリカを訪問してオバマ大統領と
会談することになりました。

今回の会談では、イランの核開発問題が主要な議題になりそうです。

ネタニヤフ首相とオバマ大統領

シリアの化学兵器使用問題で今回、アメリカなどが軍事行動に踏み切る動きを
示したことが、シリアが化学兵器の廃棄に応じることにつながったことから

ネタニヤフ首相としては
「外交が結果を出すためには、軍事的圧力を伴う必要がある」として、

アメリカのオバマ大統領に対して、イランへの軍事攻撃も含めた対応について
協議する模様です。

また、イスラエルのネタニヤフ首相はイランの核開発を阻止するために、

ウラン濃縮を停止させ、さらに、保有している濃縮ウランをすべて廃棄させる
ことが必要だと考えており

国連総会にも出席して、イスラエルの考えを示したいとしてます。

国連のビル

数年前から、イスラエルがイランの核施設を攻撃するのではないかという
観測が流れています。

今のところ、アメリカがイスラエルの軍事行動を制止しているようですが、
今回の会談で

イスラエルのイランに対する軍事行動に関して、アメリカが何らかの対応を
検討することも考えられ、今後の動きが注目されます。


関連記事

核疑惑のイラン大統領、国連総会出席の目的は?米大統領と会談も

米国のシリア攻撃は対岸の火事ではなく、やがて日本にも飛び火

シリアに関する安倍首相とオバマ大統領との電話会談での両首脳の思惑は

米ロ外相会談で合意、シリアの化学兵器使用問題も一端収束か

イラン大統領、核問題の解決提案、裏にはイスラエルの軍事攻撃察知か?





posted by 如月実 at 10:15 | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック