2013年09月29日

中国海軍、空母機動部隊創設、いよいよ本格的に海洋進出か?



今年5月に中国は空母に搭載する艦載機部隊を創設していたが

9月27日までに、中国海軍が初めて導入した空母「遼寧」を中心とする
空母機動部隊が創設されたことが明らかになった。


初めて空母遼寧に着艦する中国軍戦闘機

ニュースサイトの中国海軍網が報じたところによると、空母機動部隊は
空母のほか、駆逐艦や潜水艦などから編成されている模様だ。

中国海軍網によると、空母「遼寧」の艦上で9月24日に優秀な乗員の
表彰式が開かれ、空母部隊の王海司令官(少将)と呉宏志副司令官が参加した。

中国の軍事専門サイトなどによれば、王司令官は、これまで南シナ海を
管轄する南海艦隊に長年勤務。海軍参謀長補佐を務めたこともあるという。


関連記事

中国軍の海洋進出に対応して、硫黄島に通信傍受施設建設か

中国軍の無人偵察機、領空侵犯には 撃墜も視野に対応を検討

離島防衛用に海自輸送艦を大幅改修、時代の流れを変える転換点か

来週東京で開かれる2+2協議、米主要閣僚2名がそろって来日、目的は


posted by 如月実 at 11:12 | TrackBack(0) | 防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック