2013年10月17日

ケネディ駐日大使11月15日にも駐日大使として着任へ



アメリカ議会上院で10月16日、故ケネディ元大統領の長女の
キャロライン・ケネディ氏を新しい駐日大使に起用することを
全会一致で正式に承認しました。

ケネディー次期駐日米大使

この結果、ケネディ氏は、女性初の駐日アメリカ大使として、
11月15日ごろに日本に着任する方向で調整が進められています。

ケネディ氏は1963年に暗殺されたJ・F・ケネディ元大統領の
長女で、55歳。

作家として活動を行っているほか、大統領選挙では早い段階で
オバマ氏を支持して、オバマ大統領の当選に大きく貢献しました。

この貢献に対し、今年7月に、オバマ大統領から新駐日大使に
指名されました。

ケネディ氏の外交手腕は未知数ですが、先月開かれた議会上院の
外交委員会の公聴会で、父親の遺志を継いで日米関係の強化を
目指す決意を表明しています。

着任後は、沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題やTPP協定の
推進などに取り組むことになります。


関連記事

ケネディー元大統領のただ一人残された長女が次期駐日大使へ

ケネディ新アメリカ大使 来週の公聴会での対日政策発言が注目される。

米、医療保険改革をめぐって与野党対立、予算成立せず政府機関が閉鎖


posted by 如月実 at 14:07 | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック