2013年10月22日

海自最新鋭哨戒機P−1、10月23日から飛行再開



今年5月13日、海自最新鋭のP−1哨戒機が、製造会社の川崎重工業のある
岐阜基地で、納入前の量産機の社内飛行試験中に全エンジンが停止する
トラブルで、飛行を停止していましたが

海自最新鋭哨戒機P−1

防衛省南関東防衛局は、昨日10月21日に、海自厚木基地において
10月23日から飛行再開することを大和市などの周辺市に通告しました。

同局によりますと、エンジン制御ソフトを改修したP−1の社内飛行を行い、
前回のトラブルが起きた時と同じような急激な飛行操作を行っても、
エンジンに不具合が生じないことを確認しているということです。

天候に問題が無ければ10月23日以降、厚木基地においてもP−1の
飛行が再開されることになります。


関連記事

海自P−1哨戒機、不具合特定し飛行再開間近、実戦配備に遅れ無しか

最近の記事

輸送艦おおすみで、自衛隊の重機を大島へ、難航する行方不明者の捜索進展か

中国海軍、空母機動部隊創設、いよいよ本格的に海洋進出か?

中国軍の海洋進出に対応して、硫黄島に通信傍受施設建設か


posted by 如月実 at 13:21 | TrackBack(0) | 防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378226717

この記事へのトラックバック