2013年11月03日

北朝鮮海軍艦艇、訓練中に沈没か 30人死亡



北朝鮮の国営テレビが11月2日夜に伝えたところによると、

北朝鮮海軍の艦艇の艦長と乗員が、先月中旬に死亡したことを
明らかにし、キム・ジョンウン第1書記が、みずから指示して
建設した犠牲者の墓を訪れた様子を伝えました。

北朝鮮キム・ジョンウン第1書記

キム第1書記が訪れた際の写真を分析すると、約30に上る墓碑が
並んでおり

墓碑には「2013年10月13日戦死」と刻まれているのが
確認できます。

墓碑の数から、約30人が一度に死亡したものと考えられます。

北朝鮮国営テレビは、艦艇乗組員らが「戦闘任務を遂行中に
死亡した」としていますが、

韓国軍との間で交戦が起きたという情報はまったくありません。

北朝鮮の金正恩第1書記が海軍関連施設を視察している場面

韓国の連合ニュースは、情報筋の話として、「北朝鮮東部の
ウォンサン沖で、先月行われた北朝鮮海軍の訓練中に
艦艇1隻が沈没した」と伝えており、

北朝鮮の艦艇が訓練中に沈没したのではないかという可能性が
高まっています。

キム第1書記は、この艦艇が所属する部隊を、去年2月と
今年3月に視察しています。

北朝鮮指導部としては、死亡した軍人たちを丁重に弔ったと
アピールし、軍の最高司令官であるキム第1書記の求心力を
高めたいという思惑があるものと思われます。


最近の記事

中国艦船沖縄本島と宮古島の間を通過、太平洋での演習終了か

中国軍爆撃機 連日太平洋へ飛行、自衛隊統合演習に対抗した演習か

統合幕僚監部、自衛隊統合演習の予定を発表、宮古島に対艦ミサイルも
posted by 如月実 at 13:43 | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379273889

この記事へのトラックバック