2013年11月16日

キャロライン・ケネディー新駐日大使来日、今後の活動に期待



故ケネディ元米大統領の長女キャロライン・ケネディ新駐日大使(55)が
11月15日に来日しました。

初の女性駐日大使となり、11月20日には父の暗殺から50年になる
という節目の年の着任です。

新駐日大使キャロライン・ケネディー

会見では「ハジメマシテ」と切り出し、

父のケネディ元米大統領が歴代大統領で初の来日を望んでいたことに触れ
「父の残した使命を引き継ぐことを誇りに思う」

「日米同盟は平和で繁栄する世界にとって非常に重要。日米関係の強化に
取り組めるのは名誉なことだ」と語り、

最後は「アリガトウゴザイマス」で締めくくり、日米橋渡し役の意欲を
アピールしました。

大使は「父は、米国大統領として初めて訪日することを望んでいた。
父の残した使命を引き継ぐことも誇りに思う。日本でできるだけ多くの
ことを学びたい」と笑顔をみせました。

キャロライン・ケネディー大使は、弁護士資格を持ち、純資産は
約2億8000万ドル(約280億円)といわれています。

11月19日に馬車で皇居に向かい、天皇陛下に信任状を奉呈後、
正式に活動を始める予定です。


関連記事

新駐日大使キャロライン・ケネディ氏、いよいよ日本に着任間近

ケネディ駐日大使11月15日にも駐日大使として着任へ

ケネディー元大統領のただ一人残された長女が次期駐日大使へ

posted by 如月実 at 21:29 | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/380407292

この記事へのトラックバック