2013年11月24日

中国が尖閣諸島上空に新たに防空識別圏設定し国際法無視の主張



中国政府は11月23日、東シナ海上空に新たに防空識別圏を
設定したと発表しました。

中国政府が発表した防空識別圏の図には尖閣諸島(沖縄県石垣市)
上空周辺が含まれています。

中国が発表した新たな防空識別圏

ということで、マスコミが騒いでいますが、論点がかなりずれて
いるようです。

マスコミの論調は

「中国が新たに発表した防空識別圏が、日本が既に設けている
防空識別圏と重なり合っているため今後両国間の緊張が高まる」

というものです。

中国の新たな防空識別圏の設定によって、この空域での緊張が
高まるというのは確かなんですが、

両国の「防空識別圏が重なっている」ということは問題では
ないのです。

どういうことかというと

元々、防空識別圏というのは、外国の航空機が自国の領空を侵犯
しないように、あらかじめ、領空の外側に区域を決めておき、
その中に外国の航空機などが侵入してくるようであれば、注意深く
監視して

さらに領空に近づくようであれば、何らかの対処をしましょうという
区域です。

防空識別圏に侵入した国籍不明機に対してスクランブル発進した航空自衛隊のF−15イーグル

極端ないい方をすれば単なる目安でしかありません。

ですから、領土や、排他的経済水域と違って、防空識別圏を設定したから
といって、その空域において設定した国が何らかの権限を持ったり、
侵入を禁止したりする権利はありません。

例えば台湾の防空識別圏には日本の領土である与那国島上空が
含まれています。

だからといって、台湾が与那国島上空の飛行制限をしたり、
スクランブルで上がった台湾の戦闘機が与那国島周辺の
我が国の領空まで飛んでくることはありません。

あるいは、日本海北部で、日本の防空識別圏はロシアの
沿海州のすぐ近くまで伸びています。

逆にロシアの防空識別圏が、日本の防空識別圏の外側に
あるということはあり得ません。

日本の防空識別圏と中国が新たに設定した防空識別圏

当然もっと北海道に近いところに線が引かれているはずです。

ですから、日本とロシアの防空識別圏は広い範囲で重なり
合っているということです。

しかしこれが何か問題になったことがこれまでなかったと
思います。

韓国の防空識別圏も当然ですが北朝鮮国内を含んでいます。

こういう勘違いが起きるのは日本と韓国そして台湾の防空識別圏が
綺麗に一本の線で区分けされているところから来ているのかも
しれません。

韓国の防空識別圏と日本の防空識別圏

このようなことは、普通はとてもまれなことで有り

どうしてこういうことになったかというと

元々日本を占領していた米軍が、各地域を占領している部隊の
「責任分担」という意味で線を引いたのが今の日本や韓国の
防空識別圏なのです。

戦後、日本、韓国、台湾は米軍の防空識別圏をそのまま
引き継ぎました。

ですから当然重なっている部分はない。

このことから、防空識別圏があたかも、各国の持っているテリトリー
というような、思い違いをしている人が多くなっています。

隣り合う国の防空識別圏が重なり合うこと自体は当たり前のことで、
何も問題ではないのです。

領空侵犯するソ連の爆撃機

今回問題なのは、国際法音痴、国際関係のルールをよく知らない
中国の主張していることが問題なのです。

中国国営新華通信などを通じた発表によると、
「防空識別圏を飛ぶ航空機は飛行計画を中国外務省または航空当局に
提出する義務を負う」
となっています。

国際法上、公海や排他的経済水域の上空を飛行するのに沿岸国の
許可を得る必要はありません。

自衛隊の航空機が監視飛行やスクランブルなどでロシアの防空識別圏に
入るとしても、ロシアの許可を得たり、飛行計画を出したりすることは
普通あり得ないと思います。

中国国防省は、防空識別圏内に入る航空機に、中国外務省か
民用航空局への飛行計画の届け出などを義務づけ、中国側の
警告に従わなければ「防御的措置」をとるとしています。

中国軍爆撃機H6

そもそも中国軍機が日本の防空識別圏を飛行するときに飛行計画は
出していないはずです。

まったく国際法を無視したあり得ない措置で有り、

こういう点に米国も

「地域の緊張を高め、アメリカと同盟国の国益に影響を与える
この措置をとても懸念している」

という声明を発表しています。

ちなみに、今回中国が尖閣上空を含む新たな防空識別圏を設定
したということは、これまでは外国の航空機が尖閣上空
(=中国が主張する自国の領土上空)を飛行しても気にして
いなかったという証明で有り

中国が尖閣を自国の固有の領土だという主張に根拠がなかった
という証拠にもなりえる事態だとも言えます。

******************************
同日追加記事

「中国の防空識別圏設定は国際法上の問題はないものの、尖閣周辺
では一蝕即発状態に発展する可能性も」

中国が防空識別圏を設定したことについて、その後の情報を検討すると、
中国が設定した防空識別圏は通常の国際法のルールに則り、必ずしも
国際法のルールを逸脱しているものではない可能性が出てきました。

スクランブルで発進する中国軍戦闘機

日中間で問題になっている海域に、この時期に設定したという
きな臭さはあるものの

中国政府による公告は「東海防空識別圏の管理機関は中華人民共和国
国防省である。識別に協力しない、または指令に従わない航空機に対し
中国の武装部隊は防御のための緊急処置を取る」としています。

これに関して、中国の楊報道官は
「海上方向からの空中脅威と敵味方不明の航空機に対して、中国は状況に
よって適時に識別、監視、管制、処理などの相応の措置を講じて対応する」

「関係方面が協力して飛行の安全を共同で維持するよう希望する」

「中国は一貫して、各国が国際法に基づいて飛行する自由を享有
することを尊重する」

「東海防空識別圏の設定は関連空域の法的性質を変えるものではない

「国際航空便の東海防空識別圏の正常な飛行活動はいかなる影響も
受けることはない」
と述べています。

航空自衛隊F−15戦闘機

ということはつまり、防空識別圏に侵入してきた航空機に対して、
日本の航空自衛隊が実施しているのと同じように

領空に近づくようなら、無線で警告を発し、場合によっては警告射撃、
強制着陸という事態もありますよということで、

基本的に領空侵犯などの恐れがない限り、飛行の自由は確保される
ということになります。

つまり、世界各国が設定しているのと同じように防空識別圏を
設定しただけということが言えます。

中国の防空識別圏の設定に抗議するとするなら、日本の防空識別圏は
かなり中国側に接近しており、一方的な主張になる可能性があります。

尖閣諸島

しかし、問題は、今回設定した防空識別圏の範囲には尖閣諸島が
含まれており、自衛隊の航空機が尖閣周辺を飛行した場合に中国が
どのような対応を取るのか

中国の対応によっては、自衛隊の航空機が尖閣周辺を飛行しづらく
なる状況や、万が一日本政府が弱腰の態度を見せて、自衛隊機が
尖閣周辺を飛行できなるという事態になれば

一機に中国が尖閣の実行支配化を勧めてくる可能性もあります。

今後中国が尖閣周辺における自衛隊機の飛行に対してどのような
態度に出てくるのか、

杓子定規に、中国の領空を侵犯しているとしてスクランブルを
かけてくるようになれば、この空域における緊張は急激に
高まることになります。

尖閣諸島を哨戒する海上自衛隊のP−3C

中国とすれば、自衛隊機の行動を黙認すれば、防空部隊の
メンツがつぶれることになり、日本の実効支配を認める
ことにもなります。

とすれば、尖閣における対応が本格化することが充分
考えられます。

日本としても腰を据えた対応を取らなければ、なし崩し的に
尖閣諸島の実効支配の態勢が崩れてしまうことになりますから、
安易な妥協はできないはずです。

ということで、今後の中国の出方によっては、日中両国の関係に
大変な影響が出るような事態になりかねない情勢になってきたと
言えます。

追加記事ここまで
******************************


関連記事

中国艦船沖縄本島と宮古島の間を通過、太平洋での演習終了か

中国軍爆撃機 連日太平洋へ飛行、自衛隊統合演習に対抗した演習か

統合幕僚監部、自衛隊統合演習の予定を発表、宮古島に対艦ミサイルも

中国海軍、空母機動部隊創設、いよいよ本格的に海洋進出か?



posted by 如月実 at 17:50 | TrackBack(0) | 防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック