2017年04月08日

北朝鮮が日本を攻撃するとしたらノドンミサイルが主な攻撃手段に



米国による北朝鮮空爆の可能性が高まって
いるということで連日、北朝鮮関連の報道
が盛んに行われています。

米軍が北朝鮮を空爆した場合、日本に影響
があるのでしょうか

あるとすればどのような脅威があるのでし
ょう

そしてどのような状況になるのでしょう

自分の身を守る方法は?

ノドンミサイルの発射

米軍の北朝鮮攻撃は日本攻撃の引き金

北朝鮮は米軍が北朝鮮を攻撃すれば在日米
軍を弾道ミサイルで攻撃するといっていま
す。

在日米軍は北朝鮮を攻撃するための後方基
地になりますから、当然攻撃対象になって
いると思います。

ただし、米軍基地だけが狙われるかといえ
ばそうとも言えません

米軍基地は

PAC3などの迎撃ミサイルで守られてい
て、攻撃して成果が得られるかどうか分か
らないということや

攻撃しやすい日本の大都市を攻撃すること
で、言わば人質に取る形で日本が米軍への
支援をやりにくくするという効果や

日本の防衛のために米軍の戦力がさかれる
ということもあります。

また、単純に戦果が拡大すれば北朝鮮国内
的にも国民に対する宣伝効果や戦意高揚に
効果があります。

ということで

北朝鮮への米軍の攻撃が行われれば、日本
への報復攻撃も覚悟しなければなりません

米軍の空爆

北朝鮮が日本を攻撃できる手段は何

北朝鮮が日本を攻撃する手段の主なものは
ノドンミサイル(中距離弾道ミサイル)と
いうことになります


その他にはスカッドミサイルER(スカッ
ドの射程を伸ばした改良型)が考えられま
す。

スカッドERは短距離弾道ミサイル(スカ
ッド)の射程を伸ばしたタイプで射程が
700〜1,000kmに達するとみられていま
す。

スカッドERの射程

配備数は数十機程度と考えられ、西日本の
一部が射程範囲に入ります。

配備数も少なくノドンミサイルの簡易版と
いうことで今回の分析では省略していま
す。


その他には工作船や潜水艦でテロリストを
日本へ潜入させるということも考えられな
くは無いですが

半島周辺には米艦の艦船が取り巻いている
上に

日本の周辺も海上自衛隊や海上保安庁の艦
船航空機で厳重に警備がなされていること
と思われますので

これはあまり警戒する必要は無いでしょ
う。


ということで、米軍による北朝鮮攻撃が行
われた場合に日本にとって主な脅威となる
ノドンミサイルについて解説します。

ノドンミサイル

ノドンミサイルとは

ノドンは北朝鮮が開発した中距離弾道ミサ
イルで、射程は1,500km程度と見積もら
れていて、日本のほぼ全土を射程に収めて
います。

ノドンミサイルの射程

重量は 約16t
全長  16m
直径  1.35m

通常弾頭であれば炸薬量は1.2t

この炸薬量ですと一般的には半径150m
以内にいれば即死、500m以内でさえぎ
るものが無いと被害を受ける可能性があり
ます。

生物兵器や化学兵器も搭載出来るといわれ
ています。

現在開発中の核弾頭も既に搭載出来るかあ
るいは、間もなく搭載出来るようになると
いわれており

数発程度は保有している可能性があります

命中精度は我が家を狙って撃った場合、2
発のうち1発は200m以内に弾着する程
度といわれており、命中しなくても、少な
くとも爆発した破片くらいは降りかかって
くることになります。

ノドンはミサイル発射車両
(TEL=transporter-erector-launcher)
に搭載されており、移動可能です。

普段は山中などに掘られたトンネルの中な
どに隠されており、発射するときに外に引
っ張り出されて発射されます。

固体燃料ロケットと違い液体燃料方式です
から発射の前には1時間ほどかけて燃料を
注入する必要がありますが

燃料を搭載したまま数日程度は保存可能で
すから、事前に燃料を注入しておき、トン
ネルから引っ張り出してすぐに発射するこ
とは出来そうです。

ノドンミサイル

ノドンによる攻撃はどのようになされるのか

米軍の北朝鮮攻撃が始まれば北朝鮮は報復
として日本にノドンミサイルを撃ってくる
と思われます

*******************
注:米軍の攻撃が無い状態で北朝鮮がいき
なり日本にノドンミサイルを撃ってくるこ
とは自ら米軍の攻撃を誘発することにな
り、

国家崩壊につながるので、北朝鮮から先に
攻撃してくることはよほどの緊迫した辱要
にならない限り可能性は低いと考えられま

*******************

米軍の空爆

まず立ち上がりに米軍は北朝鮮の弾道ミサ
イルなどを含む各種軍事施設などを空爆し
て無能化すると思われますが

ただし山中のトンネルなどに隠されている
ノドンミサイルはかなりの数が生き残るこ
とが予想されます。

北朝鮮が保有しているノドンミサイルは3
00発程度といわれ

発射するときには前述のTEL(ミサイル発
車車両)に搭載して地下道などから出てき
て発射態勢を整えます。

北朝鮮が保有するTELは50台程度とい
われていますから、同時に発車できるノド
ンは50発以下ということになります。

もちろん初期の空爆で破壊されるTELや
ノドン発車のために地上に出てきて発見さ
れ空爆により破壊されるTELもあります
から

実際には、開戦後、稼働できるTELの数
はどんどん減少していきます。

ノドンミサイルの発射

TELに搭載されたノドンミサイルは、発車
位置に着いた後、垂直に立ち上げられ

・指定された時刻

・準備が整い次第

・近くにいるノドン何機かが連携して同時に

などにより発射スイッチが押されます。

当然、上空には米軍の偵察機がのべつ幕無
しに警戒しているはずですから、悠長に時
間を合わせて一斉発射ということは難しく

ミサイルを発射位置に設置、準備完了、即
発射→空になったTELは地下トンネルに
避退

という形になりますから、同時発射は近く
にいる数発のノドンミサイルが出来る程度


何十発も同時ということは考えにくいと思
われます。

THAADミサイル

ノドンミサイルが発射されると上昇を始め

一定の高度になると

韓国に設置されたTHAADのレーダー

日本海に展開している日米のイージス艦の
レーダー

日本に設置されたXバンドレーダー(青
森の車力村、京都の経ヶ崎)

日米の偵察衛星

などによって探知され、リンクシステムに
よりミサイルの航跡データーは各種部隊に
伝達されます。

ノドンミサイルの発射直後は韓国に設置さ
れたTHAAD迎撃ミサイル

THAADで対応できなかったミサイルは
日本海に配置された日米のイージス艦に装
備されているSM3迎撃ミサイルによって
撃破されます。

イージス艦のSM3ミサイル

THAADで同時に何発迎撃が出来るかは
不明です。

イージス艦はうわさ?によれば同時に2発
迎撃可能で

弾道ミサイル防御(BMD)が可能なイー
ジス艦は

海上自衛隊4隻
米海軍5隻
(注:米海軍はBMD可能なイージス艦を
日本近海に増強中と言われます)

合計最大9隻(以上)
同時18発(以上)対応可能となります。

ただし、海上自衛隊のイージス艦に搭載さ
れているSM3迎撃ミサイルは各艦8発

4隻で32発(らしい)となります。

米海軍のイージス艦と合計すると80発程
度は保有していることが期待され

弾道ミサイル迎撃には同時に2発発射する
(らしい)ことになりますから40発くら
いのノドンは対処可能となります(かもし
れない(^_^)v)


THAADで撃墜する分や、当然地上で撃
破するノドンミサイルも多数に登ることを
考えれば

北朝鮮が発射する(発射できる)ノドンミ
サイルの大部分は対処可能だと期待したい
所です。

やはり米軍の空爆の精度次第ということに
なるのかもしれません


発射されたノドンは日本の目標となる地域
までの距離によりますが、発射後6〜11
分程度で到達します。

発射された後、数分後にはJアラートによ
り警報(サイレン)が出されますが、運が
良くても2,3分程度の余裕しかありませ


可能であれば地下鉄の構内やコンクリート
で出来た建物、あるいは物陰に隠れるとい
うことも考えておいた方が良いでしょう。

ちなみに航空自衛隊のPAC3迎撃ミサイ
ルは、市ヶ谷などの主要基地に配備されて
いますが

射程が短く(20km)地上ぎりぎりで迎
撃することは意味が無いですから、もう少
し高空で迎撃するとすれば、半径15km
程度しか守れないでしょうから

一般市民にはあまり関係ないかもしれませ


あるいは逆に撃墜したミサイルの破片が落
ちてくる可能性もあります。

PAC3の射程イメージ


ノドンミサイルが飛んできたらどうする

北朝鮮で米軍の空爆が始まったら日本にも
ノドンミサイルが飛んでくる可能性があり
ます。

そのような時、一般市民はどうすればいい
のでしょう

基本的にはミサイルは日本のどこにいても
飛んでくる可能性がありますから、あたふ
たしてもしょうがありません

ただし、実を守る最低限の事は知っておい
た方が良いでしょう


Jアラートなどで警報が出たり、突然の爆
発音が聞こえたら

取り敢えず近くの地下鉄構内や、コンクリ
ートで出来た建物、最悪何かの物陰に避難
します。

まずは最初の爆風などで死傷するのを防ぎ
ます。

爆弾の爆発

爆発が収まってもすぐに動き出したり、ま
してや現場を見物にいこうなどというのは
厳禁です。

2発目3発目が付近に落ちてくる可能性も
ありますし

そもそも弾頭が生物化学兵器や不発弾の可
能性もあります。

しばらくはその場に留まり状況を確認しま
す。

自宅などであればテレビやラジオなどで情
報収集するようにします。

なるべく密閉された屋内などに留まった方
が無難です。

最悪核兵器だった場合も外を出歩くのはや
めましょう。


外を出歩けば自ら放射能を浴びることにな
ります。

外出中で、すぐ近くで爆発があり、周りの
人が怪我をしていないのに苦しんでいた
り、

自分も体の様子がおかしいという時には毒
ガスなどの化学兵器の可能性がありますか


なるべく現場を離れて、全身を水で洗い流
すようにします。


まとめ

米軍の北朝鮮に対する軍事攻撃があれば日
本にもノドンミサイルが飛んでくる可能性
があります。

米軍の空爆やイージス艦で大部分のノドン
ミサイルは撃破されると思いますが、10
0%ということは無いでしょう

数発が日本国内に着弾する可能性はありま
すし、この中に核兵器や生物化学兵器が使
われている可能性もあります。

自分が被害を受けるか受けないかは、もう
運不運としか言いようがありませんから

万が一に備えてそれなりの心構えを持って
いた方が良いでしょう。


関連記事

米軍による北朝鮮空爆はいつ行われるのでしょうか

なぜ駐韓大使を今帰任させたのか、本当の理由は

北朝鮮攻撃が今行われるとすればどのように攻撃が行われるのか

なぜ中国はこれまで北朝鮮に核開発を止めさせようとしなかったのか







posted by 如月実 at 17:09 | TrackBack(0) | 防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448838963

この記事へのトラックバック