2017年04月09日

北朝鮮の6回目の核実験はいつ、そして米軍の攻撃につながるのでしょうか



北朝鮮の6回目の核実験が行われることが
取りざたされており、

北朝鮮も核実験を示唆する報道を行ってい
ます。

6回目の核実験はいつ行われ

核実験によって、米軍の北朝鮮が開始され
るきっかけになるようなことはあるのでし
ょうか

金正恩

北朝鮮が行った過去の核実験

これまでに北朝鮮が行った核実験は5回

1回目 2006.10.9 1035
2回目 2009.5.25 0945
3回目 2013.2.12 1157
4回目 2016.1.6  1030
5回目 2016.9.9  0930

時刻はいずれも日本時間

場所は北東部・豊渓里(プンゲリ)にある
核実験場の地下坑道

核実験場豊渓里の位置

核実験場豊渓里の上空からの写真
グーグルアースから

北朝鮮の核実験はいつ行われるのでしょう

大方の見方としては米中首脳会談(4月6
〜7日)の状況を見極めた後

金日成主席生誕記念日の4月15日前後に
行われるのではないかという予想が多く出
されています。

4月末までの米韓合同軍事演習に対抗する
意味合いや4月25日は北朝鮮軍創設85
周年に当たることからその直前に行われる
可能性ということからも

4月15日前後の可能性が高まっていま
す。

また、米中首脳会談の結果

北朝鮮による核兵器開発計画の脅威が切迫
した問題となっているとの認識で一致

この問題を「平和的に」解決するための取
り組みを共同で進めることで合意

という発表がなされていますので

米中が今後、平和的にではあるが北朝鮮の
核開発に対する締め付けを厳しくしてくる
ことが予想されることや

逆に、具体的な北朝鮮制裁などの項目が出
てこなかったということで、当面の危険性
は無いと判断する可能性もあり

6回目の核実験に踏み込む可能性がありま
す。

米中首脳会談における両首脳

ただし、米国の北朝鮮攻撃の可能性が高ま
っていると金正恩が考えていて、当面の核
実験は控えておき

北朝鮮への攻撃がやりにくくなる韓国大統
領選挙が終わった後に実験を行うという可
能性もあります。

注:
4月末には米韓合同軍事演習が終わり、米
空母やステルス爆撃機などが帰国し、再度
の攻撃準備には多大な労力と、期間が必要
であり

しかも5月9日の大統領選挙では反米親北
派の文在寅(ムン・ジェイン)氏が当選す
る可能性が高まっています

文在寅(ムン・ジェイン)氏
文在寅(ムン・ジェイン)氏

北朝鮮が核実験を行った場合米国の攻撃に
つながるのか

トランプ大統領は、北朝鮮が米国を核兵器
で攻撃する能力を開発する事を許さないと
明言しています。

ただし、核兵器が完成しても米国本国まで
これを運搬する手段

=ICBM?が完成しなければ、米国にと
って直接的な脅威にはまだなりません

6回目の核実験でおそらく北朝鮮の核弾頭
は実用レベルに到達するのでしょう
(あるいは実用レベルに到達したという前
提で国際社会は動かざるをえなくなりま
す)

あとはそれを米本土に到達させる手段の開
発状況を米国がどう判断しているか

そしてそれをどう評価するか

北朝鮮が発射した長距離弾道ミサイル(ICBM)実験のイメージ図

もちろん北朝鮮が核実験に相前後して、弾
道ミサイルの発射実験を成功させ、太平洋
の東側(ハワイを通り過ぎた米本土西海岸
の沖合)あたりに着弾させるなどの直接的
行動に出れば

実験段階とはいえ、北朝鮮が直接米国を核
攻撃する手段を得たということになります


ICBMの発射実験を行わない場合や、そ
れよりも射程の短いミサイルの実験で終わ
った場合

米国は北朝鮮の核ミサイルを、まだ将来の
脅威ととらえ

北朝鮮が実際に米国を核攻撃できる能力を
持つまでには2,3年の有余があると考え
る可能性もあります。

また、米国は既に北朝鮮攻撃を行う決断を
下しており、核実験を口実に攻撃を開始す
るという可能性もあります。

空爆

いずれにしろ前述した理由で、5月以降の
北朝鮮攻撃はやりにくくなりますから
(演習が終了、親北大統領の誕生)

北朝鮮の核実験が今月中に行われるか否か
が大きなポイントになります。

つまり

4月中(米韓合同軍事演習の最中でいつで
も北朝鮮を攻撃できる態勢にある)

北朝鮮が核実験

米国の北朝鮮攻撃の大きなきっかけになる

ということが言えます。


関連記事

米軍による北朝鮮空爆はいつ行われるのでしょうか

北朝鮮が日本を攻撃するとしたらノドンミサイルが主な攻撃手段に

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月13日)

北朝鮮情勢が緊迫する今、海自が米空母と共同訓練する意味は?



ラベル:北朝鮮 核実験
posted by 如月実 at 11:42 | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック