2017年04月13日

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月13日)



北朝鮮情勢をまとめています。

本日は、金日成生誕105周年記念日の2
日前

何があってもおかしくないのですが、嵐の
前の静けさというか

本日は、具体的な動きはほとんど見られま
せんでした。

金日成

主なできごと

本日、北朝鮮に居る外国人記者に、なにや
ら重大事態が起きるような事前の警告があ
ったようですが

結局?

平壌(ピョンヤン)市内に完成した高層ビ
ル群の完成の竣工式に各国記者団が招かれ
そこに金正恩が生出演したとのこと

わざとこのような行事に出席することで、
北朝鮮の態勢は盤石だということを誇示し
たかったのでしょうか

その他には、平壌(ピョンヤン)市内で金
日成生誕記念祝賀パレードなどの準備をす
る市民の姿が報道され、平和な1日でした。


米空母

米空母はどうなってるの

ただし、トランプ大統領の発言の中で気に
なることが1件

トランプ米大統領は11日FOXビジネス
のインタビューで

「我々は非常に強力な艦隊(アルマダ)を
送っている」という発言

というのは昨日までは半島周辺に展開して
いるのは

米空母2隻
カール・ビンソンとロナルド・レーガン

と放送局も言ってたのですが

今日のテレビでは

実はロナルド・レーガンは横須賀のドック
に入港中(5月まで整備中)ということら
しい

今頃、代わりにというわけではないでしょ
うがニミッツが半島近海に向かっている
(らしい)という情報が出てきました。

ということは、半島には取り敢えず空母機
動部隊は1つしかいないの?

トランプ大統領

よくよく考えると湾岸戦争の時には5個機
動部隊(5隻の空母)が戦闘に参加してい
ます。

実際に北朝鮮を攻撃するなら、湾岸戦争以
上の準備が必要なはずなのに

たった1個機動部隊+1?

ということで米空母機動部隊については謎
が深まってきました。

トランプ大統領の強力な艦隊(アルマダ)
を送っているという発言の意味は?

もしかしたら北朝鮮に対する単なる脅しだ
ったのか

それとも本気で攻撃するつもりなら、カー
ル・ビンソンは目くらましで、もしかした
ら他の空母4〜5隻が朝鮮半島に集合中な
のかもしれません


明日は金日成生誕記念日の前日です。明日
は何があってもおかしくないということで
注目していきたいと思います。


関連記事

北朝鮮関連の最新動向と今週の動き(4月10日)

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月12日)

北朝鮮最新情勢のまとめと解説(4月14日)

なぜ中国はこれまで北朝鮮に核開発を止めさせようとしなかったのか




posted by 如月実 at 22:43 | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448990200

この記事へのトラックバック