2017年04月19日

米国が今、中国に北朝鮮問題の解決をゆだねている本当の理由



最近の北朝鮮情勢を見ていると、どうやら
米国は中国を使って北朝鮮の核開発をやめ
させようとしているように見えます。

見えますというか、そのように行動してい
ます。

米国としては北朝鮮の崩壊を願っているわ
けではありませんから

(北朝鮮が中国との間の緩衝国として存続
することは米国にとっても好ましいため)

中国が影響力を使って、北朝鮮の核開発を
やめさせてくれれば、非常に都合が良いの
は間違いありません

米中両首脳

米国はもはや交渉によって北朝鮮の核開発
をやめさせることは諦めています。

ということは自ら軍事力を使って北朝鮮の
核開発態勢

・金正恩
・核開発施設
・弾道ミサイル開発施設

を攻撃、消滅させることで阻止するほかあ
りません

しかし、これらを攻撃すると、北朝鮮から
の全力反撃を受けることは必至ですから

核施設などを破壊する前に(あるいは同時
に)米国は北朝鮮の反撃兵器(砲兵陣地や
弾道ミサイル発射基地)などを壊滅させる
必要があり

全面的な戦争を覚悟する必要があります。

そうなれば、莫大な戦費

多数の自国兵員の死傷

日本や韓国への報復攻撃による民間人の死
傷や経済的混乱

など、多大なリスクを抱える上に

中国が北朝鮮側にたって、紛争に介入する
という可能性もあります。

習近平

ですから、中国が北朝鮮問題を解決してく
れるなら、全くのノーリスクで事が治まる
のですから米国にとってもっとも好ましい
解決策であることは間違いがありません


しかしこれまでの中国の行動や発言

実行力ある制裁に消極的であったり、
あくまで米国と北朝鮮の間の問題だとの主
張の繰り返し

平和的解決を強調するなど、北朝鮮問題を
本気で解決する意図や能力は必ずしも高く
無さそうです。

トランプ大統領

逆に米国は

全ての選択肢はテーブルの上にある。

中国がやらないなら我が国と同盟国で解決
する。

などと、軍事的オプションを選択すること
に躊躇は無さそうです。

それでも、今回米国が中国に北朝鮮問題の
解決に関して下駄を預けた理由を考えって
見ると


まずは、中国のメンツを潰さないようにし
た。

中国との調整無しに、いきなり北朝鮮に軍
事的な制裁を加えれば、中国のメンツが丸
つぶれになることや

また中国のテリトリーを米国が勝手に冒す
こととなり、中国との関係が決定的に悪く
なる可能性があり、この点を考慮してまず
は中国に解決をゆだねたということがある
と思います。

北朝鮮の弾道ミサイル

そして一定の期間、半年か1年か分かりま
せんが、中国が実行ある行動を取らなかっ
たり、中国が北朝鮮の核開発に影響力を与
える事が出来ないとハッキリした時点で

この時にはさすがに米国も大義名分が立ち
ますし

中国に対しても強い態度を取れることにな
ります。

「あなた(中国)が何も出来ないのだから、
今から米国が処理しますけど文句はないで
すね」

ということで、そうなれば中国もあまり強
く出ることは出来なくなります。

そういうアリバイ作りに、今回の中国に下
駄を預けるということが利用されているの
ではないでしょうか

ですから当面

THAADの韓国配備は中断

カール・ビンソンは北朝鮮近海には派遣し
ない

という行動になってきているのだと思いま
す。

米空母

今回の米軍の動き、特に10個ある米空母
部隊のうち稼働状態で朝鮮半島周辺(アジ
ア方面)に展開していたのは1つしか存在
しなかったことから考えると

米軍が本気で北朝鮮への先制攻撃は考えて
いなかった可能性が高いです。

今回中国に解決をゆだねたことで、その間
に本格的な侵攻のための準備を行う計画な
のかもしれません


関連記事

なぜ中国はこれまで北朝鮮に核開発を止めさせようとしなかったのか

北朝鮮情勢が緊迫する今、米空母はどこにいるのでしょう







posted by 如月実 at 11:41 | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449146147

この記事へのトラックバック