2017年04月29日

万景峰号のウラジオストック定期航路開設はロシアの陰謀か



万景峰号のウラジオストック定期航路開設

北朝鮮の弾道ミサイルや核兵器開発への
圧力が強まる中

ロシアのウラジオストクと北朝鮮北東部の
経済特区、羅先との間に5月8日から定期
航路が開かれ、「万景峰(マンギョンボン)」
号がこれに就航します。

ウラジオストックと羅先との間に開かれた万景峰号の航路


「万景峰(マンギョンボン)」号はかって
は日本の新潟と北朝鮮の間に就航しており

多額の現金が輸送されたなどの疑惑が持た
れていた中、北朝鮮の核実験などを受け現
在は入港禁止の措置が取られている、因縁
の船舶でもあります。

北朝鮮からロシアのウラジオストックまで
は鉄道が通じており、距離的にもさほど離
れていない両地点を定期船で結ぶ必要性は
なく

政治的な配慮とみられています。

万景峰
万景峰号

北朝鮮問題へロシアも存在感を示す

現在、米国を中心として北朝鮮へは軍事的
圧力も含め、激しい制裁措置が行われてお


米国の説得により、中国もようやく重い腰
を上げ、北朝鮮制裁に動き出した国際情勢
の中で

ロシアが突然「万景峰」号の定期航路解説
に動いた背景には、ロシアの北朝鮮問題に
関与するという意志が見て取れます。


米国が明日にでも北朝鮮を軍事攻撃するの
ではないかとの情勢の中

中国の説得に成功し、中国も消極的ながら、
徐々に北朝鮮の制裁に舵を取り始めた矢先

ロシアにとっては、今回の各国の動きは面
白くないはずであり、ロシアも北朝鮮に関
する当事国であり、ロシア抜きで勝手に事
を進めるなということの意志を示したとも
言えます。

ロシアのプーチン大統領

北朝鮮国境地帯に、多数の兵力を移動させ
ているというのも

もちろん、米朝の軍事衝突が起きた歳の不
測事態への対応や、北朝鮮からの難民を阻
止するという意味合いもあるかもしれませ
んが

米朝の軍事衝突に対して、ロシアも介入す
るかもしれないという姿勢を示すことで米
国を牽制している面もあるはずです。


ロシアにとっての北朝鮮の核

ロシアのモスクワは北朝鮮から遠く離れて
おり

北朝鮮が日本や韓国、米国などを標的とし
た核弾頭ミサイルを保有しても痛くもかゆ
くもなく

というよりは、これらの国を牽制するとい
う意味では好ましいとも思われる北朝鮮の
核保有であり

ロシアにとっての北朝鮮核保有は死活的問
題では無いということになります。

北朝鮮の核弾頭


ロシアの思惑

ロシアが今後北朝鮮をどのような方向に導
いていこうと考えているかは不明ですが

現在の国際情勢(欧米諸国から激しい経済
制裁を受けているロシア)からすれば、北
朝鮮問題が長引いて、米国がこの問題に忙
殺され

対ロシア対策が後回しになったり

あるいは、問題解決のためにロシアに支援
を申し出るということを期待するであろう
事は当然で

当面ロシアが北朝鮮問題を積極的に解決す
るようには行動しないことが予想されま
す。

あるいは場合によっては北朝鮮を支援する
ような動きすら出てくるかもしれません

ですから、これまでは北朝鮮と経済的結び
つきが強かった中国の動きが注目されてき
ましたが

新たなプレーヤーとしてのロシアの動きも
見逃せない情勢になってきたと言えます。


関連記事

なぜ中国はこれまで北朝鮮に核開発を止めさせようとしなかったのか

米国が今、中国に北朝鮮問題の解決をゆだねている本当の理由





ラベル:万景峰 ロシア
posted by 如月実 at 19:57 | TrackBack(0) | 国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック